F.A.Q.

一般的な質問

Q. スレーブ側でメタトレーダーを動かす必要がありますか。

A. いいえ必要ありません。マスターターミナルおよび"PowerTradeCopier"のみ実行する必要があります。

Q. "read only"のパスワードでトレードのコピーは可能ですか。 password

A. はい。読み込みのみの"investor"パスワードで、トレードのコピーを行う事が可能です。

Q. 顧客のアカウント番号およびパスワードを知る必要がありますか。

A. プロバイダーモードを使用している場合、アカウント番号のみで結構です。顧客が自分で、パスワードをスレーブ側で設定します。しかし、コピーモードの場合は、パスワードもマスターに設定する必要があります。

Installation F.A.Q.


Q. プログラムを実行時に、"IP was not found"というエラーがでるのですが。

A. ファイヤーウォールを止めるか、本プログラムを信用するとしてください。


マスター設定に関する F.A.Q.


Q. マスターアカウントを追加したのですが、 "Password error" と表示されます。

A. パスワードおよびサーバーの確認をしてください。

Q. サーバーリストにサーバーを見つけられないのですが

A. 我々に連絡ください。サーバーを追加いたします。

Q. マスターアカウントを追加したのですが、 "Communication error" と表示されます。

A. ソフトウェアの再起動をしてください。再度、サーバーのスキャンを行います。


スレーブ設定の F.A.Q.


Q. スレーブアカウントを追加したのですが、 "Password error" が表示されます。

A. パスワードおよびサーバーの確認をしてください。

Q. サーバーリストにサーバーを見つける事ができないのですが。

A. 我々にコンタクトしてください。直ぐにサーバーを追加いたします。

Q. スレーブのアカウントを追加したのですが、 "Communication error" と表示されます。

A. ソフトウェアの再起動をしてください。サーバーの再スキャンを行います。

Q. マルチターミナルを起動する前のオーダーもコピーしますか??

A. オーダーリストを開き、拒否するかコピーするか選択する事ができます。

Q. マスター側にコメントがあるのですが、削除できますか?

A. 削除可能です。コメントおよび、SL、TPの削除および、上書きが可能です。

Q.EURUSD の売り注文がマスター側でオープンになりました。プライスは、 1.3426 です。プライスが、1.3430 の時にオープンし、4pips多く獲得ができますか。

A. はい、可能です。 "Filters" を使用して、行う事ができます。 CheckMinMaxPriceDiff StopLoss side = 4 pips と設定していただき、もし、相場が、 1.3430 になった時点で、スレーブにコピーされます。もし、相場がそのポイントに行かなければ、オーダーはコピーされません。詳しくは、Filtersの箇所をお 読みください。

Q. マスターのトレードのロットサイズが1の時、仮にレバレッジが1:500の場合、スレーブのロット=口座資金に対するパーセントとすることは可能ですか。

A. はい可能です。詳細は、Transformationをご確認ください。

Q. マスター側はトレードを行っていますが、スレーブ側はトレードを行っていないようですが

A. ログファイルをチェックし、エラーが無いか確認してください。よくある理由は:

  • 値動き
  • ロットサイズの不正
  • 回答の遅延
  • 不正なSLまたはTP
  • 不正な価格指定 (SL または(および) TP 近すぎ)
  • 注文しなかった
  • 禁止されている
  • 資金が無い
  • 十分な資金が無い
  • FIFOルール違反

一般的なエラーの説明

SL または TP が規定のレベルより小さい場合


"SL or TP less than the resolved level" このログメッセージは、スレーブ側で、オーダーの修正をした場合、SLまたはTPが規定値より小さい場合に、サーバーが拒否して置きます。 このメッセージは下のフォーマットです:

Error/MODIF/Master order 50953385 MODIF GBPJPY 128.82800 128.71000 129.03500 1.27 /FXDD-MT4 Demo Server 2*7961218/00008247/SL or TP less than the resolved level: 128.80600 SL=128.71000(96) TP=129.03500(229)/Error order 50953391 MODIF GBPJPYx 128.80600 128.71000 129.03500 0.32

メッセージの意味: 50953385 – マスターアカウントのオーダー番号
GBPJPY – 通貨ペア
128.82800 – マスター側のオーダー価格
128.71000 – マスター側のSL価格
129.03500 – マスター側のTP価格
1.27 – マスター側のロットサイズ
FXDD-MT4 Demo Server 2*7961218 – スレーブアカウントおよびサーバー
00008247/SL or TP less than the resolved level: 128.80600 SL=128.71000(96) TP=129.03500(229)/

Error order 50953391 – スレーブ側のオーダー番号
GBPJPYx – スレーブ側の通貨ペア
128.80600 – スレーブ側のオーダー価格
128.71000 – スレーブ側のSL価格
129.03500 – スレーブ側のTP価格
0.32 – スレーブ側のオーダーロットサイズ

解法: 2つの方法 "Correct SL" および "Correct_TP" が "Expanded" タブにあり、最小(最大)の可能なSLおよびTPを設定する事が可能です。

オーダーのコピー

"Order copied" ログメッセージは、マスターからスレーブに正しくオーダーがコピーされた事を意味します。このメッセージは下のフォーマットをしています。:

Order copied 13698681 on slave 1093196 AlpariUS-Demo 13698682 EURUSD lot=1.50 Price=1.31271

メッセージの意味: 13698681 – マスター側のオーダー番号
1093196 AlpariUS-Demo – スレーブ側のアカウントおよびサーバー
13698682 – スレーブ側のオーダー番号
EURUSD – スレーブ側の通貨ペア
lot=1.50 – スレーブ側のオーダーロットサイズ
Price=1.31271 – スレーブ側のオーダー価格
もし、複数のマスターアカウントをお持ちの場合は、以下のようなメッセージになります。:

Order copied 13698681 on slave 1093196 AlpariUS-Demo 13698682 EURUSD lot=1.50 Price=1.31271 Master=AlpariUS-Demo/1093195 i.e. メッセージは、同じですが、次のようなメッセジが付きます:

Master=AlpariUS-Demo/1093195 – マスターアカウントおよびサーバー

オーダー修正

"Order modified" のログメッセージは、オーダーはスレーブ側で正しく変更された事を意味します。このメッセージは以下のフォーマットをしています:

Order modified 13698682 on slave 1093196 AlpariUS-Demo SL=1.31551(280) TP=1.31071(200)

メッセージの意味: 13698682 – スレーブ側のオーダー番号
1093196 AlpariUS-Demo – スレーブアカウントとサーバー
SL=1.31551(280) – スレーブ側のストップロス (括弧内は、オーダー価格とストップロス価格の間のpips数)
TP=1.31071(200) – スレーブ側のテイクプロフィット (括弧内は、オーダー価格とテイクプロフィット価格の間のpips数)
もし、1つ以上のマスターアカウントがある場合は、メッセージは以下のようになります:

Order modified 13698682 on slave 1093196 AlpariUS-Demo SL=1.31551(280) TP=1.31071(200) Master=AlpariUS-Demo/1093195
i.e. 上のようなメッセージになりますが、以下のようなメッセージが追加されます:
Master=AlpariUS-Demo/1093195 – マスターアカウントおよびサーバー

オーダークローズ

"Order closed" このログメッセージの意味は、スレーブ側で正しくオーダーがクローズされたことを意味しています。このメッセージは以下のフォーマットをしています:

Order closed 13698682 on slave 1093196 AlpariUS-Demo lot=1.50

メッセージの意味: 13698682 – スレーブ側のオーダー番号
1093196 AlpariUS-Demo – スレーブアカウントおよびサーバー
lot=1.50 – スレーブ側のオーダーロットサイズ
もし、1つ以上のマスターアカウントがある場合は、以下のようなメッセージになります:

Order closed 13698682 on slave 1093196 AlpariUS-Demo lot=1.50 Master=AlpariUS-Demo/1093195

i.e. 上記のようなメッセージに以下のメッセージが追加されます:
Master=AlpariUS-Demo/1093195 – マスターアカウントおよびサーバー

知識ベース

Slippage

Slippage は、予定していたコストと実際の差を意味します。オーダーを出した時と、オーダーが成立した時の時間差で起きます。例えば、トランザクションが完了するま での時間差等です。ほとんどの場合、瞬時に価格が変わる通貨、例えば、 EUR/USD などの場合、オーダーを出した時間と、オーダーが成立する時間の間で、 $.0002 から $.0003 くらいの違いが出ます。

例えば、ユーロのを $1.2825 で買った場合、 $1.2827 になるまで注文が成立しない事があります。この価格の違いをスリッページを言います。仮に通常のロットサイズで取引をしていた場合、$.0015 のスリッページは、$150.00 になります。この違いは、仮にあるFX業者から他のFX業者へコピーする場合、かなり重要のなります。もし、2つのFX業者の2つの価格の変動をみるとお 分かりになると思います。

EURUSD 価格を Alpari US および Alpari UK で 10 秒間みてみましょう:

Time,
sec.ms

Alpari US

Alpari UK

BID

ASK

BID

ASK

00.000

1.33151

1.33165

1.33158

1.33166

00.600

   

1.33153

1.33161

01.333

   

1.33149

1.33160

01.533

1.33148

1.33162

   

03.733

   

1.33150

1.33160

05.000

1.33145

1.33160

   

05.133

   

1.33146

1.33153

05.800

   

1.33145

1.33153

06.000

1.33143

1.33158

   

08.533

1.33147

1.33161

   

08.933

1.33145

1.33160

   

09.067

   

1.33150

1.33159

09.933

   

1.33149

1.33159

この時間の間に 7 回 Alpari UK で価格変動が起きました。(各1,5 秒毎に価格が変わります) および、 5 回 Alpari US で価格変動が起きました。(各 2 秒毎に価格が変わります) もし、両FX業者を考えた場合、12 回価格が変わる事になります。

仮に、マスターが Alpari US を使い、スレーブが Alpari UK を使った場合で、売り注文をマスターの Alpari US で 1.33151 で発行しました。この間、Alpari UK は 1.33158 で、0.00007 の違いがあった場合、すなわち、 7 pips の違いがあります。この違いは、スリッページによるものです。この場合、本ソフトウェアは、マスターとスレーブの間の設定をみます。(これは、 "Copying" タブで設定されます) そして、それが 7 pips以内の場合、スレーブ側で、オーダーはオープンされます。そうで無い場合、例えば、スリッページの設定を5にしていた場合は、オーダーはオープン されません。そして、ログには以下のようなエラーが表示されます:

Error/CREATE/166392345 SELL EURUSD 1.33151 0.00000 0.00000 0.20 17.12 20.35 /AlpariUK-Demo*2419123/Error copy for slippPage (7)1.33158

このメッセージの意味は、以下の通りです:
Error/CREATE/ - スレーブ側でオーダーをオープンする際エラーになりました。
EURUSD – マスター側の通貨ペア
1.33151 – マスター側のオーダー価格
166392345 – マスター側の注文番号
17.12 20.35 – マスター側の注文発行時間
0.00000 – マスター側のSL
0.00000 – マスター側のTP
0.20 – マスター側のロットサイズ
AlpariUK-Demo*2419123 – スレーブ側のサーバーおよびアカウント番号
Error copy for slippage – エラー理由
7 – スレーブとマスター側のスリッページの大きさ
1.33158 – スレーブの現在価格

FXトレードにおいてスリッページは一般的な事です。スリッページによるエラーを防ぐためには、スリッページの設定を "Copying" 内のサブタブ "Param master" 内で行う事が出来ます。ただし、可能性と利益のバランスを常に考える必要があります。

ノート マスターとスレーブで異なる設定の場合、どのようにスリッページを計算するのか
仮に、マスター側で 5桁、スレーブ側で、 4 だった場合、共通の桁数を使用します。例えば、5桁のFX業者の価格が、1.33160で、4桁の業者が、1.3315 の場合、4桁の価格に0を追加し、1.33150 にします。で、価格の差は、1.33160 - 1.33150 = 0.00010 になります。そして、スレーブに依存して、pipsの計算をします。


Content

PowerTradeCopier

1.347.329.4439

Toll Free: 1.800.890.4525


Skype Me™!